Music

2008年9月 4日 (木)

Les Freres

Img03439 弊社の藤野が編集を担当させていただいた
兄弟のピアノデュオ「Les Freres」
オフィシャルブック「Piano Heats」が完成しました。
「Piano Heats」は
インタビューと写真で構成された「atrium / アトリウム」と
楽譜集「ventricle / ヴェントリクル」の2冊組。

Les Freresの「ピアノ・ピトレスク」ツアーの初日
渋谷・オーチャードホールで発売されたのですが
オフィシャルショップには長蛇の列が出来て
ほぼ完売とのこと。
とってもうれしいです!

また、「ピアノ・ピトレスク」ツアーにも
ご招待いただいたので
妻と一緒に鑑賞させていただきました。

当日はハンク・ジョーンズ氏もゲスト参加するなど
とても楽しい、素晴らしいコンサートでした。

ピアノ・コンサートというとAtrium01
静かに聞くというイメージですが
こんなにも楽しく観客が一体化できる
スタイルってあるんですね。
感動しました。

コンサートの後は
とても気分が良かったので
帰りに妻とスペイン料理を食べて
大満足……





そう、大満足の1日のはずが…。Ventricle01

家で帰りを待ち続けていた
俊彦はとても不機嫌な様子。

ご機嫌をとって
夜のお散歩に連れだしたところ
私は早く床について寝たいのに
たっぷりと深夜のお散歩に
付き合わされました。

う〜ん、眠い!

永瀬

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

加州大飯店

11_2 イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』って
中国語だと「老鷹合唱團」の「加州大飯店」になるんだ。

You Tubeで久しぶりに
当時のプロモーションビデオを見たけど
ドン・フェルダーのツインネックと
ジョー・ウォルッシュのテレキャスターによる
ギターバトルは今も新鮮。

ご興味のある方は右の画像を
クリックしてみてくださいね。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 3日 (火)

いくらなんでも…!

070703161659_1 CDを机の上に置きすぎ!!!

昔のCDは紙ジャケットになるし
新譜は新譜で追いかけていたら
まあ、こうなるわなあ。

会社のキャビネットもCDだらけだし
家に持ち帰れば良いんだろうけど
家の物置部屋にCDが溢れている。

そういえば、以前
欲しいCDを店内で手に取っていたら
いつのまにか20枚近くなり
それを抱えていたら
お客さんに店員と間違われ
「○○の○○はどこにありますか?」と
聞かれたこともあったな。

ちなみに最初に買ったCDは
リクルートに勤めていた時に残業やハードワークに疲れ
癒しを求めてテレサ・テンのベスト。

最初に買ったレコードは
皆川おさむの『黒猫のタンゴ』です 。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年9月 7日 (水)

最近よく聴く音楽

年のせいか、ヒット曲を追いかけるのに疲れを感じ、もっぱら昔よく聴いた曲を楽しんでいます。
中でも、中学生の頃に聞いた洋楽がとってもヒット。
時代で言えば1980年前後。
つまり、イーグルスやジャクソン・ブラウン、ドゥービーブラザースといったアメリカ西海岸ロック全盛期です。

当時を思い返すと、中学の帰り道は渋谷のファイヤーストリートに大集合。
disk UNIONでLP、SUNDAY BEACHで洋服を買った後は、メルスでKIKIを聞きながらお茶。

見たこともないアメリカに憧れを感じる、島国・日本の中高生でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

癒し系ミュージック

いつも音楽を聴きながら仕事をしているのだが、スタッフに言わせると、聴いている音楽で今の僕の状況が分かるらしい。

B0009zbf9q_1 ちなみに

最近の流行モノ……ご機嫌
アンビエント……集中
ジャズ……深夜ワーク
静かめの邦楽……お疲れモード

ということらしい。

そんな常識を打ち破ったのが、
ハワイアン・ヒーリング・ジャーニー~旅は続くだ。ハワイの癒し系ミュージックに、ハワイの波や雨音、鳥の歌声などの効果音が満載。この音楽を聴きながら、霧吹きでサンスベリアに水をかけると、アルファ波満載。おすすめです。

ちなみに前作『ハワイアン・ヒーリング・ジャーニー~ここから旅が始まる~』もあるらしい。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)