Knowledge

2009年7月 7日 (火)

新潟県の泉田知事

0703_72 お久しぶりです!
今回は1カ月どころか2カ月も
ブログをお休みしてしまいました。
前回の投稿はゴールデンウイーク。
遙か昔の様な気がします。

近況報告をさせていただくと、
先週末はバイヤーズガイドの取材で
新潟県の泉田知事とお会いさせていただきました。

印象的だったのは、国内自給率の問題。
生産者の平均年齢は、現在約65歳で
10年前は55歳だったそうです。
後継者が少ないため、生産者の平均年齢は
時の経過とともに年をとっていきます。
このままの状態が進むと
10年後、生産者の平均年齢が75歳になってしまいます。

その時、日本の農業はだいじょうぶなのか?
私達の食料は確保できるのか?
というお話が衝撃的でした。

それも一番困るのは、都市部に住んでいる私達。
16年前に起きた米不足では、
都市部でお店からお米がなくなるといった混乱が起きましたが
当時、新潟には普通にお米があったそうです。
国内自給率の向上は真剣に取り組まなければならない問題です。

というわけではありませんが
農林水産省のFOOD ACTION NIPPONのお仕事を
お手伝いする事になりました。
平成27年度までに、日本の食料自給率を45%まで
アップさせることを目指す国民運動です。

また、昨年に引き続き経済産業省の
にっぽんe物産市プロジェクト
お手伝いさせていただきます。
こちらは地域生産者の食品や食材を
日本全国に流通させるための取り組みです。

今私達が抱えている問題は
未来に生きる子供たちのために
今を生きる私たちが
解決しなければならない問題です。

明日からは岩手、
そして来週は今年3回目となる
北海道に行ってまいります。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

楽に生きる方法

20080606170741 6月1日から改正道路交通法により
車の後部座席もシートベルト着用が義務付けられた。

本日、タクシーに乗ってみたところ
意外にも運転手さんからは何も言われない。
「シートベルトした方がいいですよね?」と聞くと
「あ〜、忘れてました。してください」との返事。
そこで着用してみたが、やはり違和感はある。
でも、昔は運転席のシートベルト着用が義務づけられたときも
違和感があったけど今は何とも思わない。
要は“慣れ”なんですね。

そこで、今回のお話は“ルール”について。
生きていると、いろんな問題や悩みがふりかかってくる。
その都度、悩んだり苦しむのは結構大変。

そこで、まずは自分の存在理由ともいえる強い志、魂を持つ。
その上で、個々の問題が発生する度、志や魂に従い
真剣に悩み抜いてベストと思われる対処法を導き出す。
そして、その対処法を事例として、自分の行動指針にどんどん組み込んでいく。
真剣に悩み抜いて導き出した、大切な対処法だから決して忘れることはない。
そして日々起きる出来事によって行動指針は更新され
より広範に、より深く、磨き上げられ、円熟へと達する。

そして、この行動指針が体に染み付いてくると
先ほどのシートベルト同様に「慣れ」となる。
同じ問題で悩むことなく、理想的な解決策を反射的に講ずるようになる。

愚直な私が実践している方法です。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

一流の条件

20080603222733 昨夜はお客様と広尾の「分とく山」でお食事。
野崎洋光さんのおもてなしをうける。
お料理もお酒も最高!大満足!!

でも、一流だなあと思うのは味だけではない。
著名人にもかかわらず野崎さんご自身が
お客様ひとりひとりに丁寧にご挨拶される姿。
そして、料理の説明は初々しい新人を信じて任せきる。
また、その新人が緊張しながらも
一生懸命に料理の説明をする姿に心を打たれる。

弊社もクリエイティブの質や効果はもちろん一流、
そのうえで“お客様に感動を与えられるような会社にするぞ!”と心に誓い床につく。

そして本日は朝から経済産業省にうかがい
北畑事務次官とお打ち合わせをさせていただく。
多忙な方だけに貴重なお時間を頂戴し感謝、感謝です。

その後、本日は打ち合わせ3本にお食事会というスケジュール。
密度の濃い1日にまたもや感謝、感謝!

今週も頭クールに、ハート熱く!
余力残さず、全力疾走!!

永瀬

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

破壊という行為

Img_2847 右の画像は何か?
今年の2月、放火により消失した『南大門』の通称で知られる
韓国の国宝第一号『崇礼門』の跡地です。
韓国文化財庁によると、同門の復元に2〜3年の期間と
約11億3000万円の費用がかかるらしい。

日本でも今から約60年前
見習い僧侶の大学生が放火し
金閣寺が全焼するという事件があった。

金閣寺も5年後に再建されたが
焼失前の旧金閣は金箔が剥げ落ちた簡素な風情で
現金閣の金色に光る豪華な建物ではなかったらしい。

もちろん復元は必要なのだが、あくまで復元。
建立時と同じ木材、塗装、部品、工法で作れるわけではない。
壊れた物は二度と元には戻らないのだ。

地球環境も同様。
自然破壊、森林破壊、大気や水質、土壌のの汚染、そして生態系の破壊…。

“壊す”ことはたやすく
“創る”“なおす”ことが、どれだけ難しいことか。

私たちはもう少し賢く生きれるはず。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

時間

Img_2283 私たちの目の前には「未来」という時間があり
今この瞬間「現在」を経過すると
先ほどの時間は「過去」へと変わる。

まるで、新幹線が窓の景色を後方に置き去りにするかのように
時間が猛烈なスピードで未来を過去へと変えていく。

過去は記憶、習慣、歴史の積み重ね。
未来は夢やチャンス、無限大の可能性で輝いている。

素晴らしい未来の時間を過去へと無駄に消費するのではなく
過去を演繹的アプローチから見直し
未来を帰納的アプローチから活かしていく努力が必要だ。

老いを恐れるなかれ。
今が一番若い。

今、動かなければ
明日はない。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

頑張れ!ホープくん

渋谷には、主に3つの待ち合わせ場所がある。

ひとつめは、言わずと知れた『忠犬ハチ公』
Img_2716_5










続いて、伊豆諸島新島の名物『モアイ像』

Img_2718_5











そんな2大スターの陰に隠れ、渋谷駅東口でひっそり頑張る『ホープくん』。
Img_2711_5












その人気は、待ち合わせをする人の数を見れば明らかだ。

・忠犬ハチ公
ハチ公そのものが見えないくらいの人ごみ。
喫煙所が近いため、タバコの人に要注意。
Img_2721_2









・モアイ像
ハチ公ほどの混雑はないため、カップルが愛を語らっていたぞ。
Img_2720_2









・ホープくん
誰もいないじゃないか…。
Img_2731_3









頑張れ!ホープくん

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

やり過ぎは禁物!

Jho2061 吉野家の『テラ豚丼』が問題になっているが
これは食べることが目的ではなく
食べ物で遊んだことが問題だ。

例えば、大学時代に親しんだ『ラーメン二郎』
『全増し』なんて言ったら写真のように
テラ豚丼並の量だが、食べることを目的としているので
まったく問題ではない。
※実際に全部食べるのがラーメン二郎の流儀だ

あと、ネットで発見した
『ひばり食堂』の『倍盛りカツ丼』
ものすごい量だが食べることを前提としているので問題なし。

最近は、テレビ東京の『元祖!大食い決定戦』や
大食いタレントの存在など
巷では大食いに大きな関心が寄せられている。
やはり人の常識を越えると、感動を生む。

Kit_v01 食べ物からテーマは変わるが
フランク・ザッパやジェフ・ベックの
ドラマーを務めたテリー・ポジオのドラムセットなんて
右写真のように常識を逸脱している。

要は、常識を越えると感動を呼ぶが
自分の手に負えないことはするな!というところか。

永瀨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

チャーチルの言葉

Img_0763私の机の前には、知人のデザイナー世継恭規氏が作成した作品が飾ってある。

英国の首相ウィンストン・チャーチルの肖像画をモチーフとした作品と、彼が生前に残した言葉の連作だ。

“To lose money is trifling thig. To lose honor is serious situation. But to lose your courage means to lose everything.”

金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。
しかし、勇気を失うことはすべてを失う。

今までに大きな決断を迫られた時、
僕を救ってくれた言葉だ。

永瀬

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

憂い

仕事を通じて知ったのだが、学問・研究の中心を学部ではなく大学院に置く「大学院重点化」という動きが広まっているらしい。
その動きによると、大学はIT・外国語・一般教養に力を入れ、進路・就職支援の動きを充実させるらしい。
???????
大学はいつから、就職予備校になってしまったのか?

たまたま今、大学の広報活動のお手伝いをしているので、大学関係者の方にうかがうと、大学生の学力の低下が原因らしい。
大学側で進路・就職支援の教育を行わないと、とても企業で働くことができる能力がなく、大学院に進学して学ぶ基礎もないらしい。

そう、「ゆとり教育」と呼ばれた教育を施された世代が中心だ。
自分でも振り返ってみると、なるほどうなずける。
彼らの世代数人と一緒に仕事をしてみたのだが、頑張りきれず、責任もとれず、逃げてしまう……。
そんな世代。
あと30〜40年後、ゆとり教育世代が社会を動かすようになった時、おそらく日本は三流国に堕ちるという。

我々の抱えている問題は深刻である。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

時間はお金で買える!

5b6304cas 本日、11時~12時で新横浜のお客様にご挨拶に行った後、13時~13時30分で品川のお客様のオフィスでブレーンの方と顔合わせという、タイトなスケジュール。
だけど、新横浜での打ち合わせが早く終わったので、印刷会社の営業の方とお昼をご一緒することに。調べてみたら、新横浜から品川まで通常40分かかるが、新幹線なら13分で到着。
そうか、時間はお金で買えるんだ。
そこで、12時30分に新幹線に乗れば楽勝と思い、寿司を食べる。
そして12時30分ジャストに新幹線ひかり号に乗車。自由席はガラガラ。
シートに腰掛けて、流れゆく景色を眺める。
しかし、私の乗った新幹線は無情にも品川を通り過ぎた。
そう、すべての新幹線が品川に止まるわけではなかったのだ。
ガ~ン。
本日の教え。「油断は禁物」
永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)