French Bulldog

2009年5月 2日 (土)

ゴールデンウイークの罪滅ぼし…。

Img_3318俊彦の散歩は毎日、朝と夜の2回行いますが
朝はいつも慌ただしくて
ついつい短いコースになってしまいます。

俊彦は俊彦なりに、こっちに行きたい
あっちに行きたいと進もうとするのですが
“ごめんね、時間がないんだ”と
いつも言い訳を言って短く切り上げていました。

そこで、今日はゴールデンウイークの休みをいかして
“俊、今日は好きなところに行っていいよ”と伝え
俊彦のおやつとお水を持って
元気よく一緒に歩き出しました。

陽光はぽかぽかで、さわやかな風も気持ちいい。
最高のお散歩日和です。

ところが…
2kmほど歩いたところで
俊彦が横になり一歩も動こうとしません。
ひっぱっても、なだめすかしても全く動きません。
どうやら、ばててしまったようなのです。

その結果…
今まで歩いてきた2kmの道のりを
俊彦(12kg)を抱き抱えて帰る羽目に…。
おかげで腕はパンパン
キーボードを打つ手も震えます。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

コミック

Comic Mac OS Xに付属しているソフトで
Comic Lifeというアプリケーションがある。

お遊びソフトなのだが
操作も簡単で使いやすいのが魅力。
記念写真をコミック仕立てにして
知人と共有するのにいいかも。

そこで私も時間のある時に
「俊」をネタに作ってみました。
ご興味のある方は画像を
クリックしてご覧下さい。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

伝説の柔道家

私が大学時代、体育会空手部だったこともあり

俊彦は柔道部に。

Img_1618_2









立ち技はもちろん

Img_1610















寝技も得意です。

Img_1608









永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

ドッグラン、デビュー!

先週末、代々木公園のドッグランに初めて行ってきました。20070923094600

俊彦は家では内弁慶なのですが、外では臆病者。
自分より小さい犬が寄ってきても後ずさりする始末。
私たちから決して離れず、抱き上げてと甘えます。

そこでドッグランはほどほどに済ませ
ドッグランの外の公園で妻と3人でのんびり。
すると俊彦も楽しそう。
なかなか良いドッグラン・デビューでした。

それからというもの、
俊彦は、お散歩の度に駐車場に向かい
「車に乗せて、車に乗せて」とおねだり。
これは、俊彦のお願いも聞いてあげなければと
昨日、駒沢公園のドッグランに行ってきました。

代々木公園のドッグランは地面がウッドチップなのに対して
駒沢公園は床がコンクリート。
また、代々木公園はベンチが少ないため
飼い主が立ちっぱなしになりますが
駒沢公園はベンチが充実。
これは好みが分かれますね。

そして、いざ駒沢公園のドッグランに俊彦を放したところ
俊彦よりも小さいボストンテリアが興味を示し
俊彦のお尻のにおいをチェック。
俊彦はたまらず後ずさり…。
そしてついに、ボストンテリアのしつようなチェックに耐えきれず
見たこともないスピードで逃げ出しました。
耳の形といい、色といい、まさに「脱兎のごとく」…。

本人、とてもとても疲れた様子で、昨日は家に帰ってからも完全ノックダウン。
家でも暴れることなく、おとなしく横になっていました。
今度の休日は、代々木公園の芝の上でゆっくりさせてあげようかな。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

反抗期

070724141038_1 最近、俊が反抗気味。
おしっこの場所は 知っているくせに
わざと別の場所でする。

剥離骨折による入院から退院して以来
自分の意にそぐわないと、
わざと人の嫌がることをしているような気が…。
おまけに怒ると、逃げ足が速く
追っかけている人間の方が疲れてしまう。

そこで、思い出したのが右の画像。
俊は生後約9カ月だから人間でいったら14歳。
にきびだらけで油ギッシュな中学3年生だ。

いざ自分を振り返ってみると
酒・煙草は始めるは
麻雀は始めるは
夜遊びはおぼえるは
夕飯に肉料理がないと怒り出す。
若いときの俺って最低!

そう考えると、俊の方がまだましか!?

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月15日 (火)

傷だらけの男は暴れん坊!

Img_1209_3 フレンチブルドッグは麻酔に弱いということから
俊彦は先日の剥離骨折の手術で足を2カ所縫合したうえ、
同時に去勢手術までしたので
すねに傷を持った傷だらけの男になっています。

そして退院後、傷だらけの男らしく暴れん坊です!
本来は、膝にピンが入ったままなので安静にしなければいけないのに。
またピンが抜けたり
ピンを刺している足の骨が折れでもしたら一大事なのに。
お願いだから俊彦さん、もう少しおとなしくしてくださいね。

そして俊彦さん、
エリザベスカラーを付けたことで
右の画像のように宇宙人のような風貌になっています。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

手術結果

皆様、大変ご心配をおかけいたしました。

俊彦の手術、無事に上手くいきました。
手術は、まだまだ子犬で成長期にあるので
剥離骨折ではがれた骨片をピン2本で足の骨に固定し
骨片と骨がくっついた頃にピンを抜くという方法のようです。

先日、俊彦のお見舞いに行ったのですが
俊彦はえりまきトカゲみたいなカラーを装着し
点滴を打たれていました。
本人、少ししゅんとしていましたが元気の様子。
まずは何よりです。

それよりもビックリしたのは
一緒に入院しているワンちゃんたちの姿。
いろんな手術をした犬がいるのですが
結構大きな手術をしたワンちゃんもいて。
その姿はあまりにかわいそうで…。
俊彦には悪いけれど
つらすぎて長くその場にいることができませんでした。

そして本日、再度
嫁がお見舞いに行ったところ
今週末、退院のようです。
あ〜、よかった。
俊彦はしばらくは安静にすると同時に
今後ソファー禁止を徹底します。

「toshi-genki.3gp」をダウンロード

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月28日 (土)

俊彦、入院。

Img_0823 俊彦が本日入院しました。

理由は、先日ソファから飛び降り
“キャン”と鳴いた後
右の後ろ足をひきずって歩くようになったことから。

俊彦を病院に連れて行く時間がなかなかとれず
本日やっと連れて行ったのですが
レントゲン写真を撮ってみたところ
右足膝の剥離骨折であることが判明!
そして即入院となりました。

なんでも俊彦はまだ生後6カ月程度なので
骨がまだ柔らかく
結構手術は難しいそう。
おまけに手術は全身麻酔で行うのですが
ブルドッグやフレンチブルドッグのような短鼻犬は
麻酔が原因で死に至ることもあると
先生に言われて大ショック!!

ここ最近で一番つらい。

永瀬

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

ソファ寝禁止!

Img_0669 昨日、外で飲んでから帰宅すると、
俊彦がハウスから出して欲しそうにしていたので
俊彦を抱きかかえてソファに。

そして、しばらく俊彦と遊んでいたのだが
睡魔に負けてついついソファで横に。

記憶の奥の方で俊彦がソファから降りた気がしたのだが
睡魔には勝てず、そのまま放っておいた。

そして朝方、俊彦が私の指を噛んだ痛さで目を覚ますと
部屋は修羅場と化していた…。
“俊ちゃん、いいかげんにしてよ!”と思いながら俊彦を見ると、
うるうるした目でしょぼくれている。

きっと“やり場のない怒り”とはこういうことなのだろう。
今は、ソファで寝てしまった自分を責めることしかできない。
反省。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

俊彦、右肩負傷!

Img_0503_1
家に帰って、俊彦をハウスから出してみたら。
なにやら前足を不自由にして歩いている。
うむむ、これは一大事!

早速、獣医に連れて行ったところ、
骨や間接に異常はなく
暴れすぎによる肩の炎症らしい。

肩を使わないよう包帯でテーピングしてもらったところ
写真の姿に。
本人も違和感があるようで
やや意気消沈気味。

せっかく3回目のワクチンを終えて
これからお散歩デビューという時に。
早く治して、春のお散歩に出かけよう!
僕は花粉症だけど。

永瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧