« 週末クッキング! | トップページ | 退化の改進 »

2009年8月23日 (日)

福岡へ。山口へ。

Img_3428 先週は、にっぽんe物産市の取材と
バイヤーズガイドの打ち合わせで
福岡と山口へ。

朝一番、6時35分羽田発の飛行機で
8時20分に福岡空港に着いたら、
その足で福岡県庁と福岡県物産振興会に
ご挨拶をかねて商談。
“どうしたら、その地域の産品が売れるのか?”
“地域ブランドに育てるためにはどうすればいいのか?”
いつも相談を受けるテーマです。

Img_3433 お昼は新幹線の車内で
九州の駅弁ランキング3年連続1位という
『熊本やっしろ清流球磨川  鮎屋三代』を
いただきました。
鮎の甘露煮を丸ごと一匹載せた駅弁なのですが
これがとっても美味。
甘露煮といっても甘すぎず、山椒の清々しさもあって
さっぱりとしています。
鮎の身はもちろん骨までやわらかいので、
まるごと食べられます。
巻紙を読むと、球磨川で捕れる鮎を
天皇陛下に召し上がっていただきたいという思いで
身を清めて鮎を捕り、陛下に献上した
「清じいちゃんの覚書」が書かれています。
やっぱり素晴らしいモノには
それに負けないストーリーがあるなあと実感。

Img_3435 山口に着くと、まずは
やまぐち産業振興財団の方々と商談。
山口県の食品販売促進のツールとして
『バイヤーズガイド』にとても興味を
持っていただくことができました。
折角来たついでにご紹介をいただいたので
山口県庁にご挨拶。
突然の訪問と時間もなかったこともあり、
ご挨拶を済ませて福岡へとんぼ返り。

福岡では15年近く親しくさせていただいている
知人と一緒に、地元の美味しい魚料理をいただきました。
とっても美味しかったです。ごちそうさまでした!

Nsp8335 そして翌日は、にっぽんe物産市の取材で
九州全域の安心・安全で美味しい野菜や果物を
産直で紹介しているクロスエイジの藤野さんの取材です。
取材では朝から大牟田まで足を伸ばし
ドラゴンフルーツやパッションフルーツを
生産している西山園芸さん、
そして合鴨米を生産している小宮さんの取材も一緒に
させていただきました。

取材では「百姓は作るのがプロ。でも、販売は素人。
地域プロデューサーとなる藤野さんのような方に
消費者のニーズや販売のポイントを教えてもらいたい。
農地は広いから、どんどん新規作物を作っていきたい」
というお話しが印象的でした。
地域プロデューサーの存在価値を再認識いたしました。

来週も、地域プロデューサーの取材で
福島県会津若松と宮城県仙台市にお邪魔してきます。
生産者のたくさんの笑顔に触れ
モノ作りへのひたむきな思いを
Nsp8534 この身に染みこませてきたいと思います。

永瀬

|

« 週末クッキング! | トップページ | 退化の改進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198238/46009559

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡へ。山口へ。:

« 週末クッキング! | トップページ | 退化の改進 »